家を売る場合の金額は、不動産会社の査定を参考にするのが一般的です。プロが5千万円と査定しても、自分が1億円で売りたいと思ったら家を高く売ることも可能です。そして、1億円でも買いたいという人が現れれば、売買契約は成立します。しかし、そのようなケースは稀であり、実際には相場通りの価格で売りに出さなければ買い手はつかないでしょう。現在は新築物件の価格も下がってきていますので、中古物件の需要は減ってきていると言われています。いつまでも売れない状態ですと、管理費・維持費などがかかりますし、建物の価値は年月とともに低下していきますので、相場よりも安い価格で売ることも検討しておいたほうがよいかもしれません。

家を売る場合には、まず最初に不動産会社から査定してもらうと思います。その際は、最初から1社に決めるのではなく、複数の会社に査定をしてもらって、比較をすることが重要です。例えば、3つの会社に査定をしてもらったとして、それぞれ3000万円、3200万円、3500万円というように査定額にバラつきがでるかもしれません。普通に考えれば、3500万円の金額を出してくれた会社はその金額で売る自信があるということなので、一番良さそうですが、ただ契約を取りたいために高めの金額を出している可能性もあります。3500万円で売りに出していても、値下げ交渉をされて、結局3000万円で売れてしまうかもしれません。不動産会社を選ぶときは、実績や宣伝力、信頼度なども重視しましょう。