銀行や消費者金融からお金を借りる場合、申込先からは本人確認書類として運転免許証を求められることが多いでしょう。しかし、運転免許証は自動車教習所に入って所定の教習を受けて卒業した後、運転免許試験場での試験に合格してはじめて手にすることができるものであり、誰もが所持しているものではありません。このため、運転免許証を持っていない場合でもお金を借りることができるのかが気になる人は少なくありませんが、ほぼすべての銀行と消費者金融で運転免許証以外の本人確認書類の利用も認めているので、運転免許を所持していなくても気にする必要はありません。

お金を借りる申込をするときに、運転免許証以外で利用できる本人確認書類としてまず挙げられるのはパスポート(旅券)です。パスポートはどの国でも身分証明書として国民に対して発行されているものであり、旅券法で定める事由に該当しなければ申請手続きをふむことで誰でも取得をすることができます。ただし、パスポートは申請にあたって必要となる書類が多く、申請が受理されてから受領可能になるまで1週間程度はかかるため、すぐにお金を借りる必要がある場合はパスポートは好ましくないといえるでしょう。

もし、パスポートを本人確認書類として利用したくない場合は、健康保険証を利用すると良いでしょう。日本では法律によって何らかの公的保険制度に加入することが義務付けられているため、健康保険証は所持しているはずであるからです。なお、申込先によっては健康保険証に加えて、住民票の写しなどの他の身分証明書1点も必要となっている場合があるので、必ず銀行や消費者金融のホームページで提出書類を確認しておきましょう。
即日お金を借りるならこの方法!大手おすすめカードローン徹底比較!はこちら